戦火/銃火/砲火 の解説 - 小学館 類語例解辞典

戦火/銃火/砲火 の共通する意味

銃や大砲などの火器を使って戦うときに生じる火。また、戦争。

英語表現 war fire

国語辞書で調べる 戦火 銃火 砲火

戦火/銃火/砲火 の使い分け

「銃火」は小銃などを、「砲火」は大砲などを撃つときに出る火のことで、銃や大砲の射撃自体も意味する。「戦火」は、これらを含め、戦いのすべてにわたって生じる火。特に、戦争による火災のこと。
「戦火(銃火・砲火)を交える」で、戦争をする、始める意味の成句になる。

戦火/銃火/砲火 の類語対比表

…を交える…を逃れる…が広がる…を浴びる
戦火
銃火
砲火

カテゴリ

#社会生活#戦争・平和・治安

戦火/銃火/砲火 の類語 - 日本語ワードネット

戦火 の類語

戦争中の、敵対する軍事力との対立的な会議 の意

敵に対する武力紛争の行い の意

宣戦布告により作られ、戦争の国際的な原則が適用される間の国際的な宣言により終わる法的な状態 の意

銃火 の類語

銃を撃つ行為 の意

敵に対して武器や砲を撃つ行為 の意

砲火 の類語

銃を撃つ行為 の意

爆弾を落とすことによる攻撃 の意

敵に対して武器や砲を撃つ行為 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi