• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

原動力(げんどうりょく)/エネルギー/活力(かつりょく)/体力(たいりょく)/精力(せいりょく)

ブックマークへ登録
関連語
パワー
(せい)
動力(どうりょく)
馬力(ばりき)
  1. [共通する意味]
      ★活動の基になる力。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔原動力〕
      ▽あのときの経験がのちの成功の原動力となった
    • 〔エネルギー〕
      ▽妻に先立たれ生きていくエネルギーをなくした
    • 〔活力〕
      ▽彼の活力の源は家庭にあった
    • 〔体力〕
      体力が衰える
      体力増強
    • 〔精力〕
      ▽激務に精力を使い果たす
      精力的に仕事を行う
      精力絶倫(ぜつりん)
  1. [使い分け]
    • 【1】「原動力」は、活動や出来事を引き起こすもととなる力。
    • 【2】「エネルギー」は、活動、行動の源となる力。「原子力エネルギー」のように、物体が物理的な仕事を行う能力やそれを供給するための資源もいう。
    • 【3】「活力」は、人間や組織が活発に活動するための力。
    • 【4】「体力」は、人間が実際に活動や運動をするための力。
    • 【5】「精力」は、人間が心身を活発に働かせるための力。
  1. [関連語]
    • (パワー) 「パワーのあるエンジン」のように、物事を動かす力、また、「住民パワー」のように、集団が社会に対して与える影響力をいう。
    • (精) 元気のもと。「卵を飲んで精をつける」
    • (動力) 電気、風力、水力、火力など機械を動かすための力。「ゴム動力の模型飛行機」
    • (馬力) 力の単位。一秒間に七五キログラムの物体を一メートル動かす力。車などの力を表わすために用いられることが多い。また、「馬力がある」は、たくさんの仕事ができる力がある意。
  1. [対比表]
    …を蓄える…をつける…を使う仕事仕事に…を傾ける…にあふれる
    原動力
    エネルギー
    活力
    体力
    精力
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

原動力の類語

  • 何かを推進するために力を適用する行為 の意

エネルギーの類語

  • 力の行使 の意
  • 動作する物理的システムの容量と同等の熱力学量; エネルギーの単位はジュールとエルグである の意
  • 活気ある行動のできる健康的能力 の意

活力の類語

  • 活力にあふれた態度 の意
  • 進取的または野心的な意欲 の意
  • 力の行使 の意
  • 活気ある行動のできる健康的能力 の意

精力の類語

  • 体力と気力を持続する の意
  • 力の行使 の意
  • 活気ある行動のできる健康的能力 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。