• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

抜き身(ぬきみ)/白刃(はくじん)/刃(やいば)

関連語
抜刀(ばっとう)
  1. [共通する意味]
      ★鞘(さや)から抜いた刀。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔抜き身〕
      抜き身をひっさげて迫る
      ▽刀の抜き身をつきつけておどす
    • 〔白刃〕
      白刃の下をくぐる(=危険なめにあう)
      白刃をふりかざしておそいかかる
    • 〔刃〕
      ▽名剣の
      に掛かる(=殺される)
      に伏す(=自害する)
      を向ける(=はむかう)
      ▽敵とを交える
  1. [使い分け]
    • 【1】「抜き身」は、刀だけでなく、鞘から抜き放った槍(やり)の場合にもいうが、「白刃」は、もっぱら刀の場合をさす。
    • 【2】「白刃」は、「しらは」とも読む。
    • 【3】「刃(やいば)」は、刀剣類の総称として用いることも多い。
  1. [関連語]
    • (抜刀)スル 刀や剣を鞘から抜き放つこと。また、抜いた刀や剣。[英]to draw one's sword
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • (通例)切る刃のついた道具または武器の平たい部分 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi