• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

武士(ぶし)/武士(もののふ)/侍(さむらい)/武者(むしゃ)

  1. [共通する意味]
      ★武芸を習い、主として軍事に携わった者。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔武士〕(ぶし)
      武士の面目を保つ
      武士は食わねど高楊枝(たかようじ)
    • 〔武士〕(もののふ)
      もののふは相身互い
      もののふの誇りを持つ
    • 〔侍〕
      大将
      ▽若
      ▽青
      ▽田舎
      ▽おさん
    • 〔武者〕
      ▽若武者
      ▽落ち武者
      武者修行
      武者ぶるい
  1. [使い分け]
    • 【1】「武士(ぶし)」「武士(もののふ)」「侍」は、特に、中世以後、武家に仕えた者をいう。
    • 【2】「武者」は、「武者行列」のように、特に鎧(よろい)、兜(かぶと)を着けた者もいう。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

武士の類語

  • 封建時代の日本の武士階級 の意
  • 日本人の兵士で、封建的な軍事貴族の一員であった の意

の類語

  • 封建時代の日本の武士階級 の意
  • 日本人の兵士で、封建的な軍事貴族の一員であった の意

武者の類語

  • 封建時代の日本の武士階級 の意
  • 戦う(あるいは戦っている)人 の意
  • 日本人の兵士で、封建的な軍事貴族の一員であった の意
  • 戦争に従事する、あるいは戦争を経験した人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi