卑しい/下賤/卑賤 の解説 - 小学館 類語例解辞典

卑しい/下賤/卑賤 の共通する意味

社会的な身分や地位が低いさま。

英語表現 low humble

国語辞書で調べる 卑しい 下賤 卑賤

卑しい/下賤/卑賤 の使い方

卑しい 【形】
▽卑しい生まれなどというものはない
下賤 【名・形動】
▽下賤の者
卑賤 【名・形動】
▽卑賤の身 ▽卑賤な言動

卑しい/下賤/卑賤 の使い分け

「卑しい」が、最も一般的に使われ、貧しい、下品である、意地汚いなどの意もある。「食べ方が卑しい」「卑しい行い」「金に卑しい」
「下賤」「卑賤」は、あまり使われない。

卑しい/下賤/卑賤 の関連語

ぺいぺい
職場などで、地位の低い者を軽蔑(けいべつ)したり、卑下したりしていう俗語。「ぺいぺいのくせに生意気だ」「駆け出しのぺいぺいで何もわかりません」

カテゴリ

#社会生活#階級・階層

卑しい/下賤/卑賤 の類語 - 日本語ワードネット

卑しい の類語

目だって、無味乾燥に下品な の意

最も卑しい種類の の意

道徳的に非難されるべき の意

下品な敬意、あるいは道徳の欠落があること、あるいは示すさま の意

低い出生または身分の の意

性質が洗練されてない の意

道徳的に堕落した の意

社会的地位または質において低いまたは劣る の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi