資産/財産/恒産/私財/財/家財/身代/富 の解説 - 小学館 類語例解辞典

資産/財産/恒産/私財/財/家財/身代/富 の共通する意味

個人や法人の所有する、経済的な価値をもつものの総体。

国語辞書で調べる 資産 財産 恒産 私財 家財 身代

資産/財産/恒産/私財/財/家財/身代/富 の使い方

資産
▽会社の資産を凍結する ▽資産を公開する
財産
▽働いて財産をつくる ▽火事で財産を失う
恒産
▽恒産のない者は恒心もない
私財
▽私財をなげうって野生動物保護に尽くす
▽財を築く ▽莫大(ばくだい)な財を成す
家財
▽父の残した家財を使い果たす
身代
▽身代をつぶす ▽一代で身代を築き上げた
▽巨万の富を築く ▽あり余る富

資産/財産/恒産/私財/財/家財/身代/富 の使い分け

「資産」は、金銭、不動産などを一つのまとまりとしてとらえたもので、一般に広く用いられる。[英]property
「財産」は、個人、家、団体などの持つ土地、家屋、家具、金銭、貴金属など、具体的な物の総体として一般に広く用いられる。また、比喩(ひゆ)的に、「健康が私の唯一の財産だ」のように、極めて価値のある宝とすべきものの意でも用いられる。[英]an estate
「恒産」は、一定の安定した資産、職業のこと。格言などに用いられる。
「私財」は、個人の財だが、ふつうは、かなり高額の場合に用いられる。
「財」は、話し言葉ではあまり用いられない。
「家財」は、一家の財産。
「身代」は、個人や家が所有する土地や家屋、金銭などすべての財。古めかしい語。かつては「身袋」とも書いた。
「富」は、豊かな財産のこと。やや文章語的。

参照

家財⇒家具/家財

カテゴリ

#社会生活#経済・取引

資産/財産/恒産/私財/財/家財/身代/富 の類語 - 日本語ワードネット

資産 の類語

所有されるもの; ある人物が所有する有形の所有物 の意

かなりの資本(富または収入) の意

大規模な富ないしは繁栄 の意

財産 の類語

所有または占有されている物 の意

所有されるもの; ある人物が所有する有形の所有物 の意

人が所有する全財産 の意

あなたが所有するすべて; 全ての資産(動産・不動産のいずれも)や負債 の意

大規模な富ないしは繁栄 の意

の類語

貴重品の収集物 の意

あなたが所有するすべて; 全ての資産(動産・不動産のいずれも)や負債 の意

大規模な富ないしは繁栄 の意

身代 の類語

所有されるもの; ある人物が所有する有形の所有物 の意

あなたが所有するすべて; 全ての資産(動産・不動産のいずれも)や負債 の意

大規模な富ないしは繁栄 の意

の類語

貴重品の収集物 の意

経済的利便性を持つ資産:金銭価値または交換価値 の意

大規模な富ないしは繁栄 の意

金持ちで裕福である状態; 多くの有形財やお金が存在する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi