頭割り/割り当て/割り振り/割り勘 の解説 - 小学館 類語例解辞典

頭割り/割り当て/割り振り/割り勘 の共通する意味

金銭や事物、労力などを該当する人数で分けて持つこと。

英語表現 sharing

国語辞書で調べる 頭割り 割り当て 割り振り 割り勘

頭割り/割り当て/割り振り/割り勘 の使い方

頭割り
▽費用は参加者全員で頭割りにする ▽もうけを頭割りにする ▽勘定を頭割りにする
割り当て
▽総会の係の割り当て ▽寄付の割り当てを決める
割り振り
▽旅館の部屋の割り振りをする ▽仕事の割り振りを決める ▽予算の割り振り
割り勘
▽払いは割り勘にしよう ▽割り勘で飲む

頭割り/割り当て/割り振り/割り勘 の使い分け

「頭割り」は、金品を人数で等しく分けることだが、「割り当て」「割り振り」は、金品のほか、仕事や空間などについても用いられ、等分に分ける場合と、別々の量や質のものをひとりひとりにあてがう場合とがある。
「割り当て」は、「自分の割り当ての分だけすませる」のように、全体のうちの個人が持つ部分の意味でも用いられる。
「割り勘」は、勘定の総額を等分に割って各人が支払うこと。

カテゴリ

#社会生活#経済・取引

頭割り/割り当て/割り振り/割り勘 の類語 - 日本語ワードネット

割り当て の類語

指定された場所や人に何かを割り当てる行為 の意

(教官などのより)あなたがするように割り当てられた事の受け入れ の意

割り当てること、または分配するによって配布する行為; 割り当てたり配分する事によって配布する行為 の意

支給する行為 の意

何かを分割することでいくらかの量を割り当てること の意

個人または団体によって貢がれる、それらによる、またはそれらに属する資産 の意

特定の目的のために取って置かれる分け前 の意

参加者各人に割り当てられる比例配分 の意

規定された数 の意

割り振り の類語

指定された場所や人に何かを割り当てる行為 の意

割り当てること、または分配するによって配布する行為; 割り当てたり配分する事によって配布する行為 の意

支給する行為 の意

輸入制限 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi