担保/抵当/質 の解説 - 小学館 類語例解辞典

担保/抵当/質 の共通する意味

金銭などを借りるとき、あらかじめ自分の財産や権利を相手への保証に当てること。

英語表現 a mortgage

国語辞書で調べる 担保 抵当

担保/抵当/質 の使い方

担保
▽土地を担保に建築資金を借りる ▽無担保融資
抵当
▽家屋敷まで抵当に入っている ▽抵当流れで手に入れた土地
▽家財道具を質に取られる ▽時計を質に入れる

担保/抵当/質 の使い分け

「担保」は、債務不履行に備えてあらかじめ債権者に提出され、債務の弁済を確保するためのもの。不動産、手形、預金、また保証人などを広く含めていう。
「抵当」は、「担保」にされた不動産などに対し、債務者の使用を認めつつ、債権者が物の価値を把握するだけの抵当権を持つもの。
「質」は、約束の保証として債務者が債権者に預け、期限の日時まで債権者が保持保管するもの。特に、質屋に借金の保証として預ける品物をいう。

カテゴリ

#社会生活#金銭・費用

担保/抵当/質 の類語 - 日本語ワードネット

担保 の類語

財政上の破綻に対する備え; 経済的自立 の意

義務を履行しない場合、債権者が要求することができる資産 の意

その人が債務不履行する場合に備え、もう一つが負債に応じる副次的な合意 の意

抵当 の類語

債務の支払い補償として財産を条件付きで譲渡すること の意

の類語

人々の教訓と倫理行動と反応を決定する先天的な固定概念 の意

その人特有の行動や反応を決定する感情的、知的特質の複合体 の意

人や物の本質的で特徴的な属性 の意

それによって何かが認められる必須の特性または特徴 の意

優秀さまたは価値の階級または等級 の意

人や物の生来の、あるいは後天的な気質、または特徴的な傾向 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi