あらわ/あからさま/露骨/むきだし の解説 - 小学館 類語例解辞典

あらわ/あからさま/露骨/むきだし の共通する意味

ものごとがすっかり出ているさま。

英語表現 open frank

国語辞書で調べる あらわ あからさま 露骨 むきだし

あらわ/あからさま/露骨/むきだし の使い方

あらわ 【形動】
▽悪意をあらわにする ▽事の真相があらわになった
あからさま 【形動】
▽あからさまに不快な顔をする ▽そうあからさまに言うものではない
露骨 【名・形動】
▽露骨にさげすみの表情を浮かべる ▽その小説の性描写はあまりにも露骨だ
むきだし 【名・形動】
▽歯をむきだしにして笑う ▽むきだしの闘争心

あらわ/あからさま/露骨/むきだし の使い分け

「あらわ」は、隠されていたようなものがすっかり現れるさま。「露わ」「顕わ」とも書く。
「あからさま」「露骨」は、本来、隠しておくべきことをあえてありのままはっきり出すさま。
「あらわ」「あからさま」「露骨」が、隠れたもの、または隠すことを前提としているのに対し、「むきだし」は、はじめからすっかり現れてしまっている場合に用いる。

あらわ/あからさま/露骨/むきだし の類語対比表

…に批評する肌も…に…な描写怒りを…にする
あらわ
あからさま
露骨
むきだし

カテゴリ

#社会生活#公私・秘密・露顕

あらわ/あからさま/露骨/むきだし の類語 - 日本語ワードネット

あらわ の類語

その通常、または普通であるカバーがない状態 の意

開いていて観察可能な; 神秘的でないか隠れていない の意

入念に作り上げること、減少すること、隠すことに欠けている; むき出しで純粋である の意

すべてに開かれた、またはすべてを見る状態で の意

保護用の、または隠すための覆いがない の意

あからさま の類語

開いていて観察可能な; 神秘的でないか隠れていない の意

すべてに開かれた、またはすべてを見る状態で の意

露骨 の類語

機微の欠乏; 明らかな の意

開いていて観察可能な; 神秘的でないか隠れていない の意

入念に作り上げること、減少すること、隠すことに欠けている; むき出しで純粋である の意

見るに明らかなさま の意

保護用の、または隠すための覆いがない の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi