内情/内実/内幕 の解説 - 小学館 類語例解辞典

内情/内実/内幕 の共通する意味

内部の事情。

英語表現 the inside affairs

国語辞書で調べる 内情 内実 内幕

内情/内実/内幕 の使い方

内情
▽内情に詳しい者の犯行 ▽あの家の内情に通じている ▽ライバル会社の内情を探る ▽内情を暴露する
内実
▽見かけと内実は大違い ▽内実は他人に知られたくない
内幕
▽財界の内幕を探る ▽会社の内幕を暴露する ▽内幕は火の車だ

内情/内実/内幕 の使い分け

「内情」と「内実」では、「内実」のほうがより中心部の事実に近いという意味合いが強い。
「内幕」は、軍陣に二重に張った内側の幕の意から、外からは見えない内部の事情のことをいう。私的な事柄には用いない。
「内実」は、「ああは言ったが内実困っている」のように、「実際は…」「その実」の意で、副詞的に使うこともある。

カテゴリ

#社会生活#公私・秘密・露顕

内情/内実/内幕 の類語 - 日本語ワードネット

内幕 の類語

本当の内密の情報 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi