• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

もめ事(もめごと)/トラブル/いざこざ/ごたごた/騒ぎ(さわぎ)

関連語
悶着(もんちゃく)
摩擦(まさつ)
どさくさ
波乱(はらん)
小競り合い(こぜりあい)
  1. [共通する意味]
      ★物事がうまくいかなかったり、ちょっとした争いや混乱が起こったりしていること。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔もめ事〕
      ▽隣家との間にもめ事が絶えない
      もめ事にまきこまれる
    • 〔トラブル〕
      ▽行く先々でトラブルを起こす
      ▽金銭が原因でトラブルにまきこまれる
    • 〔いざこざ〕
      ▽彼の家庭はいざこざが絶えない
      ▽出店の権利をめぐるいざこざにまきこまれる
    • 〔ごたごた〕(名・副)スル
      ▽夫婦間のごたごたを解決する
      ▽相続問題で家の中がごたごたしている
    • 〔騒ぎ〕
      騒ぎを鎮める
      ▽酔って騒ぎを起こす
  1. [使い分け]
    • 【1】「もめ事」「いざこざ」「ごたごた」は、ちょっとした争いごとの意で、家庭内や個人のそれに用いられ、大きい団体間とか勢力間の争いにはあまり用いられない。「もめ事」は「揉め事」とも書く。
    • 【2】「トラブル」は、一般に物事がうまくいかないことを表わす。個人の間のちょっとした争い、仕事上の混乱などに用い、規模が大きいものには用いられない。また、「エンジントラブル」のように、機械の故障の意でも用いられる。
    • 【3】「騒ぎ」は、争いや混乱で秩序が乱れること。
  1. [関連語]
    • (悶着) ちょっとした争いごと。「ひと悶着起こす」「悶着が絶えない」
    • (摩擦) 意見や感情の食い違いが起こって、物事がうまく運ばないこと。争い事までには至らない事態にいう。「両国間に摩擦を生じる」「貿易摩擦」
    • (どさくさ) 混雑していて騒々しい状態。「どさくさに紛れて逃げる」
    • (波乱) 事件。また、物事に変化や曲折のあること。「波瀾」とも書く。「波乱を起こす」「波乱万丈(=激しい変化に富んでいること)の人生」
    • (小競り合い) 団体(集団)どうしの衝突のうち小規模のものをいう。「国境付近で小ぜりあいが続く」
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

ごたごたの類語

  • 面倒な努力 の意
  • 乱雑にされた、あるいは混乱した何か の意
  • 怒りの騒動 の意
  • 混乱をまねく当惑の気持ち の意
  • 極端な混乱と無秩序状態 の意
  • 困難な状況を表す口語 の意
  • 多数の物が混乱した状態 の意

騒ぎの類語

  • 騒々しい混乱をつくる行動 の意
  • 騒がしい戦い の意
  • 怒りの騒動 の意
  • 騒動、雑音、および混乱のある状態 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi