• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

争い(あらそい)/喧嘩(けんか)/紛争(ふんそう)/闘争(とうそう)

関連語
諍い(いさかい)
いがみ合い(いがみあい)
立ち回り(たちまわり)
大立ち回り(おおたちまわり)
抗争(こうそう)
暗闘(あんとう)
争闘(そうとう)
共闘(きょうとう)
ゲバルト
  1. [共通する意味]
      ★相手を屈服させようとして闘うこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔争い〕
      ▽国家間の争いが絶えない
      ▽優勝争い
    • 〔喧嘩〕スル
      ▽兄弟で喧嘩ばかりする
      ▽口喧嘩(=言い争い)
    • 〔紛争〕スル
      紛争を巻き起こす
      ▽大学紛争
    • 〔闘争〕スル
      ▽労働者階級と支配者階級との闘争
      ▽賃上げ闘争
  1. [使い分け]
    • 【1】「争い」は、互いに相手より優位にたとうとすること。あくまで人間を相手にして競(きそ)う行為であり、「病気との争い」のようにはいわない。また、「トップ争い」「縄張り争い」などの複合名詞をつくることも多い。[英]a competition
    • 【2】「喧嘩」は、互いに相手を負かそうとして、暴力をふるったり、悪口を言ったりすること。日常語的。「喧嘩を売る(買う)」「喧嘩腰」「喧嘩両成敗」といった慣用表現も多い。[英]quarrel
    • 【3】「紛争」は、問題点をめぐって国や団体などの大きな集団が大規模に争うこと。ただし、「戦争」よりは規模が小さい。[英]strife
    • 【4】「闘争」は、社会運動、政治運動、組合運動などで、階級や主義、立場などを異にする者と戦うこと。[英]a fight; a struggle
  1. [関連語]
    • (諍い) 言い争うこと。「兄弟のいさかいが絶えない」
    • (いがみ合い) 互いに敵対して争い合うこと。「親子のいがみ合い」
    • (立ち回り) けんかをして暴れること。元来、芝居や映画の演技で、斬(き)り合ったり、格闘をしたりすること。「警察官と立ち回りを演ずる」
    • (大立ち回り) 「立ち回り」を強めた語。「おおだちまわり」とも。「酔って大立ち回りを演じる」
    • (抗争)スル 相手の武力や腕力に対してこちら側が逆らい、抵抗して争うこと。主に文章語。「暴力団同士の抗争」
    • (暗闘)スル 表立たず、密かにかげで争うこと。「幹事長のポストをめぐって暗闘する」
    • (争闘)スル 激しく争いたたかうこと。文章語。「血みどろの争闘」
    • (共闘)スル 「共同闘争」の略。二つ以上の組織や団体が共同して、他と争うこと。「共闘会議」「組織を越えて共闘する」
    • (ゲバルト) 主として学生運動で、暴力による争いをいう。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    敵との…兄との…国境をめぐる…独立のための…
    争い
    喧嘩
    紛争
    闘争
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

争いの類語

  • 敵対する2グループ(または2人)の間の公然の衝突 の意
  • 利益や賞を目的として競う行為 の意
  • 戦いの行為; あらゆる競争や戦闘 の意
  • 小さなつまらない喧嘩 の意
  • 2人以上の競争者から勝者が選ばれる機会 の意
  • 人、意見、利害が対立していること の意

喧嘩の類語

  • 何かについて合意しない の意
  • 戦いに従事している; 戦いを続ける の意
  • 抵抗する、または強く反抗する の意
  • 争いになること の意
  • 戦いの行為; あらゆる競争や戦闘 の意
  • 群衆での騒がしい喧嘩 の意
  • 怒って論争すること の意
  • 小さなつまらない喧嘩 の意

闘争の類語

  • ボクシングまたはレスリングの試合 の意
  • 何かを達成しようとするエネルギッシュな試み の意
  • 敵対する2グループ(または2人)の間の公然の衝突 の意
  • 戦いに従事している; 戦いを続ける の意
  • 抵抗する、または強く反抗する の意
  • 戦う、または戦いであるかのように敵対する の意
  • 利益や賞を目的として競う行為 の意
  • 戦いの行為; あらゆる競争や戦闘 の意
  • 目標を達成するあるいは、特定の原因または人への改革運動に従事するために、連続的に、活発に、または目立つように、力を発揮する; の主唱者である の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi