• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

訪ねる(たずねる)/訪れる(おとずれる)/訪問(ほうもん)/訪う(とう)

関連語
見舞う(みまう)
伺う(うかがう)
お邪魔(おじゃま)
訪う(おとなう)
上がる(あがる)
歴訪(れきほう)
  1. [共通する意味]
      ★ある目的をもって、人の家やある場所へ出かける。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔訪ねる〕(ナ下一)
      ▽母校を訪ねる
      ▽仏教発祥の地を訪ねる
      ▽友人を会社に訪ねる
    • 〔訪れる〕(ラ下一)
      ▽万里の長城を訪れ
      ▽故郷を訪れる
    • 〔訪問〕スル
      ▽一軒一軒訪問する
      ▽就職のため会社(を)訪問する
      ▽使節が首相官邸を訪問する
      ▽友好都市を訪問する
      ▽A氏の訪問を受ける
      ▽家庭訪問
      ▽公式訪問
      訪問販売
    • 〔訪う〕(とう)(ワ五)
      ▽名所旧跡を訪う
      ▽芭蕉(ばしょう)終焉(しゅうえん)の地を訪う
      ▽古老を訪うて教えを受ける
  1. [使い分け]
    • 【1】「訪ねる」は、様子を知ろうとして、その場所に出かける意、または、ある目的から人に会いに行く意。
    • 【2】「訪れる」は、「訪ねる」とほぼ同じ意味だが、「彼を訪れる」という言い方はせず、「彼の家を訪れる」の形になる。他に、「春が訪れる」「平和が訪れる」のように、ある時期・季節・状態が「やってくる」の意味にも用いる。
    • 【3】「訪問」は、多少改まった言い方。
    • 【4】「訪(と)う」は、「訪ねる」とほぼ同じ意味だが、古めかしい言い方。
  1. [関連語]
    • (見舞う) (ワ五)病気や災害にあった人や場所に出かけたり、手紙や金品をおくって慰めたりすること。「入院中の友人を見舞う」「市長が被災地を見舞う」
    • (伺う) (ワ五)「訪ねる」「訪れる」「訪問する」の謙譲語。「明晩伺います」「今から伺います」
    • (お邪魔)スル 訪問することを相手の邪魔をすると考えて表現する謙譲語。現在、軽くへりくだって日常的に用いる。「明日、お邪魔に上がります」「お邪魔します」
    • (訪う)(おとなう) (ワ五)「訪ねる」「訪問する」の古めかしい言い方。「松風のほか、おとなうものとてない山寺」
    • (上がる) (ラ五)目上の人のところへ行く。「明日ご相談に上がってもよろしいですか」
    • (歴訪)スル さまざまな場所や人を次々と訪問すること。「アラブ諸国を歴訪する」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    知人の家を…史跡を…各地を…行楽に絶好の季節が…恩師を…実家を…
    訪ねる
    訪れる
    訪問する
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

訪ねるの類語

  • 観光などのためにある場所へ行く の意
  • エンターテイメントのように、場所を見に行く の意

訪れるの類語

  • 起こる; そのうちに、到着する の意
  • 観光などのためにある場所へ行く の意
  • 何かまたは誰かに向かうまたは何かまたは誰かに近づく の意
  • 目的地に着く; 動くことまたは前進によって到着する の意
  • 短く訪問する の意
  • エンターテイメントのように、場所を見に行く の意

訪問の類語

  • 短い社交的な訪問 の意
  • 人や場所、物などを見るためにちょっと行く行為 の意
  • 観光などのためにある場所へ行く の意
  • 当局者または専門的資格のところにくる の意
  • 短く訪問する の意
  • エンターテイメントのように、場所を見に行く の意

訪うの類語

  • 質問を記述して、答えを予測する の意
  • エンターテイメントのように、場所を見に行く の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi