• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

得意(とくい)/顧客(こきゃく)/常客(じょうきゃく)/常連(じょうれん)/馴染み(なじみ)

関連語
上得意(じょうとくい)
常得意(じょうとくい)
上客(じょうきゃく)
  1. [共通する意味]
      ★よく買ってくれたり、利用してくれたりする、事業主にとってありがたい客。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い分け]
    • 【1】「得意」は、「お得意」また「お得意さん(様)」の形でよく使われる。客に対する感謝の意を含む言い方で、書き言葉としてはあまり使わない。
    • 【2】「顧客」は、他の四語と異なり、一人一人の客をさしていう場合には用いられず、「顧客リスト」のように、ふだん取引のある、事業主にとってありがたい客を総称する場合にいう語。硬い言い方。「こかく」ともいう。
    • 【3】「常客」「常連」は、いつもその店に来る客。「常客」の方が、いろいろな店の客にいえる。「常連」は、飲食店、興行場、酒場などの客をいう場合が多く、「常客」より親しみがこもる。また、「常連」は、いつもそこに顔を出す人の意でも使われる。
    • 【4】「馴染み」は、「馴染み客」「お馴染み」などともいう。「得意」が、よく利用し、利益をもたらす客をいうのに対し、「馴染み」は、利益はそれほどでなくても、なれ親しんだ客にいい、親近感は深い。
  1. [関連語]
    • (上得意) いつも多く購入してくれるような大事な客。「当店の上得意のAさん」
    • (常得意) いつも変わらず利用してくれる客。「毎日買いに来る常得意の奥さん」
    • (上客) 大きな利益をもたらす大切な客。「医者や弁護士がここの上客だ」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    彼はこの店の…だ…名簿多くの…の客を持つ投稿欄の…
    得意お○
    顧客 -
    常客 ○
    常連 ○
    馴染みお○
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

得意の類語

  • 自尊心および、自分に値打ちがあると感じること の意
  • 喜びと自信に満ちた気持ち の意
  • 商品やサービスにお金を払う人 の意
  • 定期的に来る顧客 の意

顧客の類語

  • 顧客の総称 の意
  • 商品やサービスにお金を払う人 の意
  • 弁護士の助言を求める人 の意
  • 定期的に来る顧客 の意

常客の類語

  • 定期的に来る顧客 の意

常連の類語

  • しばしば別の仲間の中にいる友人 の意
  • 定期的に来る顧客 の意
  • お得意様 の意

馴染みの類語

  • 親密で温かみのある友情 の意
  • よく知られている、または、有名であるという理由でいつもの通りであること の意
  • 親密で、共に感じる感覚 の意
  • よく知っていて好意を感じ信頼できる人 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi