• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

内応(ないおう)/内通(ないつう)/裏切り(うらぎり)

関連語
気脈を通じる(きみゃくをつうじる)
  1. [共通する意味]
      ★ひそかに敵方について味方に背くこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔内応〕スル
      ▽反対派に内応する者がいる
    • 〔内通〕スル
      ▽敵に内通する
    • 〔裏切り〕
      ▽配下の裏切りにあう
      裏切り
  1. [使い分け]
    • 【1】「内応」「内通」は、ともに内部の者がひそかに相手方(敵)に通じることをいう。
    • 【2】「裏切り」は、約束や信義を破って味方に背き、相手方(敵方)につくことをいう。
    • 【3】「内通」には、男女の密通の意もある。
  1. [関連語]
    • (気脈を通じる) 共通の利益などのために、ひそかに相手側と連絡を取り合う。必ずしも、味方に背いて敵方につく場合にいうのではなく、単に、相手と通じているような場合にもいう。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

内応の類語

  • 故意に裏切る行為 の意

内通の類語

  • 故意に裏切る行為 の意

裏切りの類語

  • 故意に裏切る行為 の意
  • 信頼を裏切ること の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi