• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

差し障り(さしさわり)/差し支え(さしつかえ)/障り(さわり)/不都合(ふつごう)

  1. [共通する意味]
      ★物事の進行を妨げるような事情。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔差し障り〕
      差し障りのない話をする
    • 〔差し支え〕
      差し支えがなければ聞かせてほしい
    • 〔障り〕
      ▽胎児に障りがないか心配だ
      ▽出世の障りになる
    • 〔不都合〕
      ▽彼が来なくても不都合はない
  1. [使い分け]
      いずれも、身体的および社会的な事情について使われるが、具体的、直接的なことをさすのではなく、対象をぼかした言い方。
  1. [反対語]
      ▼不都合⇔好都合
  1. [参照]
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

差し障りの類語

  • 妨げるか、または負担となっているどのような障害でも の意
  • 行く手をふさいでいる重要でないもので、回避するなり乗り越えるなりしなくてはならない の意

差し支えの類語

  • 妨げるか、または負担となっているどのような障害でも の意
  • 進むことを困難にさせるもの の意
  • 行く手をふさいでいる重要でないもので、回避するなり乗り越えるなりしなくてはならない の意
  • 不便で不快なこと の意

障りの類語

  • 妨害したり、邪魔したり、妨げたりする行為 の意
  • 妨げるか、または負担となっているどのような障害でも の意
  • 行く手をふさいでいる重要でないもので、回避するなり乗り越えるなりしなくてはならない の意
  • 不便で不快なこと の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi