• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

記憶(きおく)/覚え(おぼえ)/物覚え(ものおぼえ)

関連語
覚える(おぼえる)
聞き覚え(ききおぼえ)
見覚え(みおぼえ)
  1. [共通する意味]
      ★体験した物事を心にとどめておくこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔記憶〕スル
      ▽友人の電話番号はすべて記憶している
      ▽遠い記憶をよびもどす
      記憶が薄れる
      ▽彼女のことは記憶にない
    • 〔覚え〕
      覚えの悪い子
      ▽身に覚えがない話だ
    • 〔物覚え〕
      ▽年をとって物覚えが悪くなった
  1. [使い分け]
    • 【1】「記憶」より「覚え」のほうが口語的。
    • 【2】「覚えがいい(速い、悪い)」の「覚え」は、勉強や習い事などに用いられる。
    • 【3】「物覚えがいい(悪い)」は、新しい物事を会得する能力が優れている(劣っている)意を表わす。
  1. [関連語]
    • (覚える) (ア下一)忘れずに、心にとどめる。「漢字を覚える」「幼時のことをよく覚えている」
    • (聞き覚え) 前に聞いたことがあること。また、聞いて覚えること。「この声に聞き覚えはありませんか」「聞き覚えの英語を使う」
    • (見覚え) 前に見たことがあること。「見覚えのある顔だ」「この景色には見覚えがある」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …がある…がいい…が速い確かな…
    記憶
    覚え
    物覚え
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

記憶の類語

  • 記憶する; 暗記する、空で覚える の意
  • 注意か考慮を念頭に置く の意
  • 思い出す; 誰かまたは何かの記憶を存続させる、式典のように の意
  • 過去の経験を思い出す認知過程 の意
  • 回想すること、あるいは覚えていること の意
  • 過去の出来事を思い出させるもの の意
  • 覚えていること の意

覚えの類語

  • 過去の経験を保持し思い出すことができる力 の意
  • 疑いがないこと; 自分と自分の能力への信頼 の意
  • 過去の出来事を思い出す能力 の意
  • 回想すること、あるいは覚えていること の意
  • 心によみがえるもの の意
  • 簡潔に書かれた記録 の意
  • 提案書または督促状 の意

物覚えの類語

  • 過去の経験を保持し思い出すことができる力 の意
  • 過去の出来事を思い出す能力 の意
  • 回想すること、あるいは覚えていること の意
  • 覚えていること の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi