因縁/宿縁/契り の解説 - 小学館 類語例解辞典

因縁/宿縁/契り の共通する意味

前世からの定まった運命、関係。

英語表現 fate

国語辞書で調べる 因縁 宿縁 契り

因縁/宿縁/契り の使い方

因縁
▽こうなったのも何かの因縁だ
宿縁
▽前世の宿縁
契り
▽親子の契り

因縁/宿縁/契り の使い分け

「因縁」は、もと仏教で、結果を引き起こす内的な直接の原因である「因」と、外からこれを助ける外的原因である「縁」。転じて、なんらかのつながりを有すること、縁、の意味に用いられる。
「宿縁」は、「因縁」と同意の文章語。
「契り」は、約束をすることの意もあり、「夫婦の契りを結ぶ」などと用いる。

因縁/宿縁/契り の関連語

奇縁
不思議な因縁。「ここで会うとは奇縁だ」
機縁
仏教で、正しい教えを求める資質が、教えを説くための縁になること。また、因縁、きっかけの意にも用いられる。「思わぬ機縁で就職する」
腐れ縁
離れようとしても離れられない好ましくない関係。現在では、軽い意味で用いられることが多い。[英]an inseparable relation「大学のときからの腐れ縁」
悪縁
離れたくても離れられない男女の縁。また、好ましくない結び付き。

カテゴリ

#文化#宗教

因縁/宿縁/契り の類語 - 日本語ワードネット

因縁 の類語

2つの実体あるいは部分にともに属する、あるいは固有な抽象的実体 の意

2つのものを接触させる行為(特にコミュニケーションのために) の意

過去の出来事の記録または物語風の記述 の意

未来に必ず起きること(または事の成り行き) の意

物事の成り行きをあらかじめ定める究極的な存在(女性の姿で描かれることが多い) の意

物事または出来事の関連(例えば1つがもう一方を引き起こす、あるいは1つがもう一方と共通点を持つ) の意

血縁関係、婚姻または共通の利害関係に基づく関係 の意

接続している形 の意

人生(あなたに起こるすべてを含んでいる)におけるあなたの総合的な事情か状態 の意

過去の出来事の集合体 の意

宿縁 の類語

人生(あなたに起こるすべてを含んでいる)におけるあなたの総合的な事情か状態 の意

契り の類語

ある人から他の人への、将来において何かをする(あるいはしないという)口頭による約束 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi