死に神/貧乏神/疫病神 の解説 - 小学館 類語例解辞典

死に神/貧乏神/疫病神 の共通する意味

人間に災厄をもたらす神。

国語辞書で調べる 死に神 貧乏神 疫病神

死に神/貧乏神/疫病神 の使い方

死に神
▽死に神にとりつかれたように不幸が続く
貧乏神
▽すっかり貧乏神にとりつかれた
疫病神
▽疫病神のように忌み嫌われている人

死に神/貧乏神/疫病神 の使い分け

「死に神」は、人を死に導くという神。[英]the god of death
「貧乏神」は、人を貧乏にさせる神。[英]the deity of poverty
「疫病神」は、疫病を流行させるという神。人から忌み嫌われる人をたとえていう。[英]a hoodoo

カテゴリ

#文化#宗教

死に神/貧乏神/疫病神 の類語 - 日本語ワードネット

死に神 の類語

殺す行為 の意

人生が終わる時; 死まで継続する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi