精霊/魑魅/魍魎/山霊/木霊 の解説 - 小学館 類語例解辞典

精霊/魑魅/魍魎/山霊/木霊 の共通する意味

山川、草木などに宿るという精、魂。

英語表現 the spirit

国語辞書で調べる 精霊 魑魅 魍魎 山霊 木霊

精霊/魑魅/魍魎/山霊/木霊 の使い分け

「精霊」は、最も一般的な語。
「魑魅」は、「ちみ」とも読み、「魍魎」を続けて、「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」ともいう。「魑魅」「魍魎」は、自然物に宿っている精から生じる化け物の意で、不気味なもの、害を及ぼしたりするものとしてとらえられることが多い。
「山霊」は、山の精、山の主をいう。
「木霊」は、樹木に宿っている精、霊をいう。

参照

木霊⇒こだま/山彦

カテゴリ

#文化#宗教

精霊/魑魅/魍魎/山霊/木霊 の類語 - 日本語ワードネット

精霊 の類語

実体のない超自然の存在だが、人間に姿を見せる(あるいは声を聞かせる)ことができるもの の意

魑魅 の類語

頭から離れない経験の心的表象 の意

想像上の生き物で、普通は人間や動物の様々な部位からできている の意

木霊 の類語

音波の反射による音の反復 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi