• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

彼の世(あのよ)/後の世(のちのよ)/後世(ごせ)/後生(ごしょう)/来世(らいせ)/冥土(めいど)/冥府(めいふ)/冥界(めいかい)/幽冥(ゆうめい)/幽界(ゆうかい)/黄泉(よみ)/黄泉(こうせん)

関連語
霊界(れいかい)
  1. [共通する意味]
      ★死後に行くという世界。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔彼の世〕
      彼の世へ行っても君と添い遂げたい
      ▽父は彼の世へと旅立った
    • 〔後の世〕
      後の世までもともに暮らしたい
    • 〔後世〕
      後世を願う
      後世の旅
    • 〔後生〕
      ▽人を恨んでばかりでは後生が悪い
    • 〔来世〕
      来世ではきっと一緒になろう
      来世を信じる
    • 〔冥土〕
      冥土へと旅立つ
      冥土の道連れ
    • 〔冥府〕
      冥府へ赴く
      冥府へと旅立つ
    • 〔冥界〕
      冥界の人となる
      冥界へ旅立つ
    • 〔幽冥〕
      幽冥の府
      幽冥
    • 〔幽界〕
      幽界の人となる
      幽界へと旅立つ
    • 〔黄泉〕(よみ)
      黄泉の国
      黄泉(じ)
    • 〔黄泉〕(こうせん)
      黄泉へと赴く
  1. [使い分け]
    • 【1】「後世」「後生」「来世」「冥土」「冥府」「冥界」は、元来、仏教語。
    • 【2】「黄泉(よみ)」「黄泉(こうせん)」は、死後、人間の魂が行くと考えられていた場所をいう。
  1. [反対語]
      ▼彼の世⇔此(こ)の世 後世・来世⇔前世 後生⇔前生
  1. [関連語]
    • (霊界) 霊魂の住む世界。死後の世界。「霊界から死者の魂を呼び出す」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

後世の類語

  • ある先祖のすべての子孫 の意

後生の類語

  • ある先祖のすべての子孫 の意
  • 来世、あの世 の意

来世の類語

  • 来世、あの世 の意

冥土の類語

  • 死者の世界 の意

冥府の類語

  • 死者の世界 の意

冥界の類語

  • 死者の世界 の意

幽冥の類語

  • 死者の世界 の意

幽界の類語

  • 死者の世界 の意

黄泉の類語

  • 死者の世界 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi