堂/殿堂/霊堂 の解説 - 小学館 類語例解辞典

堂/殿堂/霊堂 の共通する意味

神仏をまつってある建物。

英語表現 a shrine

国語辞書で調べる 殿堂 霊堂

堂/殿堂/霊堂 の使い分け

「堂」が、「お堂に参る」「地蔵堂」など、もっとも一般的に使われる。
「殿堂」は、「白亜の殿堂」のように、大きくて立派な建物の意味や、「学問の殿堂」「音楽の殿堂」のように、ある分野の中心となる建物、場所の意味でも用いられる。
「霊堂」は、貴人の霊をまつった建物の意味もある。

カテゴリ

#文化#宗教

堂/殿堂/霊堂 の類語 - 日本語ワードネット

の類語

会合や娯楽用の大きい建物 の意

殿堂 の類語

会合や娯楽用の大きい建物 の意

いくつかの神聖なものまたは人に関連して神聖にされる崇拝の場所 の意

特別な、あるいは高尚な目的のために使われる建物 の意

霊堂 の類語

通常地上にある大規模な埋葬室 の意

いくつかの神聖なものまたは人に関連して神聖にされる崇拝の場所 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi