• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奥泉光のファンタジー小説。平成8年(1996)刊。夏目漱石の小説「吾輩は猫である」の文体を模倣しつつ、溺死したはずの猫の「吾輩」が、仲間たちとともに苦沙弥 (くしゃみ) 先生の死の謎に迫る。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉