[副]

  1. 話し手と聞き手の双方が知っている他の場面をさしていう語。あのように。「ああ高くては手が出ない」「ああまで言わなくてもいいのに」

  1. (「こう」と並べ用いて)口に出して言ったり、心の中で考えたりしている内容を漠然とさしていう語。「ああだこうだと文句ばかり言う」「ああでもない、こうでもないと思い悩む」

[感]

  1. 物事に深く感じたり驚いたりした気持ちを直接表す語。「―、わが故郷の山々よ」

  1. 呼びかけに用いる語。「―君、君」

  1. 同意したり肯定したりする応答の語。「―、わかったよ」

出典:gooニュース

出典:青空文庫