《「あいやい」とも》

  1. 互いに優劣のないこと。

    1. 「少しのものも―にほどこして」〈倉田出家とその弟子

  1. 物事を一緒にすること。二人以上で、一つの物を所有し使用すること。

    1. 「仏壇の御あかしと―で夜業 (よなべ) するのぢゃ」〈松翁道話・五〉

《その鳴き声から》アイアイ科の原始的な猿。頭胴長40センチくらいで、尾が長い。長い指は鉤爪 (かぎづめ) をもち、樹皮下の昆虫を掘り出して食う。マダガスカル島にのみ生息。指猿 (ゆびざる) 。

[ト・タル][文][形動タリ]深く悲しむさま。悲しく哀れなさま。
[ト・タル][文][形動タリ]うす暗くて、はっきりしないさま。また、おぼろにかすんでいるさま。
  • 「この―たる日光に浴していると」〈芥川・煙草と悪魔〉
[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 草木がこんもりと茂っているさま。「藹藹たる樹林」

  1. あいあい(靄靄)2」に同じ。

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 雲やもやが集まり、たなびくさま。「朝もやの靄靄と立ちこめた高原」

  1. なごやかな気が満ちているさま。藹藹 (あいあい) 。「和気靄靄」

    1. 「あの先生の―たる顔を思う時」〈長与竹沢先生と云ふ人

出典:青空文庫