もの悲しい感じ。悲しみや哀れを誘う感じ。「哀感が漂う」「哀感を込める」

悲しみと喜び。「人生の哀歓を共にする」

出典:青空文庫