《仏語の「愛敬相」から。室町以降「あいきょう」とも》

  1. 親愛と尊敬の念をもつこと。人から愛され敬われること。あいけい。

    1. 「この女子 (にょし) に、―、富を得しめ給へ」〈今昔・一六・八〉

  1. 顔つき・振る舞い・性格などが、優しく愛らしいこと。あいきょう。

    1. 「かたち、すがた、をかしげなり。―めでたし」〈宇治拾遺・一〇〉

[名](スル)《「楽」は好む、願う意》
  1. 仏語。仏の教えを願い求めること。あいらく。

  1. 愛好すること。好意を持つこと。

    1. 「人に―せられずして衆にまじはるは恥なり」〈徒然・一三四〉