• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アイの葉を発酵させ、石灰乳を混和して、藍染めの材料の青藍 (せいらん) を沈殿させた液。

[動ラ五(四)]

  1. 互いに知る。知り合う。

    1. 「余と―・る頃より、余が借しつる書を読みならいて」〈鴎外舞姫

  1. 深い契りを結ぶ。言い交わす。

    1. 「在原なりける男の、まだいと若かりけるを、この女―・りたりけり」〈伊勢・六五〉

Islamic States of Iraq and Levant》⇒アイシス(ISIS)