悲しい出来事をつづった物語。悲しい歴史。「吉野朝哀史」

ものがなしい気持ち。

「夜ふけて灯前独り坐す―悠々堪ゆべからず」〈独歩・独坐〉

悲しい事柄や心を詠んだ詩。

  1. 一緒に仕事をする者。

    1. 「九右衛門、―ら招き寄せ、小声になって」〈浄・博多小女郎

  1. 組になって客に呼ばれる芸者。特に、江戸新吉原で、二人一組で客の席に出る芸者が互いに相手のことをこう呼んだ。

  1. 印刷しおわった紙の間に挟んで、インクの汚れを防ぐ紙。あいがみ。

  1. あいがみ(間紙)1

出典:青空文庫