《「あやいろ」の音変化》模様。また、物のようす。多くあとに打消しの語を伴う。文目 (あやめ) 。

「ものの―もわかたないほどに暮れかけたが」〈里見弴多情仏心

  1. 狭くて通行の困難な道。

  1. 物事を進める上で妨げとなるものや条件。支障。難点。ネック。「予算枠が隘路となって計画が中断した」