[動ハ下二]

  1. 耐える。持ちこたえる。→敢 (あ) えなむ

    1. 「秋風に―・へず散りにしならしばのむなしき枝に時雨すぐなり」〈秋篠月清集

  1. おして…する。しとげる。→敢えて

  1. (他の動詞の連用形に付いて)すっかり…する。…しつくす。→敢えず

    1. 「天雲に雁そ鳴くなる高円 (たかまと) の萩の下葉はもみち―・へむかも」〈・四二九六〉

[補説]現代では副詞化した「あえて」のほか「あえず」の形で用いられる。
[動ハ下二]飲食物をととのえてもてなす。ごちそうする。
  • 「高麗の客 (まらうと) を朝 (みかど) に―・へ給ふ」〈前田本仁徳紀〉
[動ワ五(ハ四)]《「合う」と同語源》
  1. (会う・逢う)

    1. ㋐互いに顔を向かい合わせる。場所を決めて対面する。「客に―・う」「明日、いつもの場所で―・おう」

    2. ㋑たまたま人と出あう。「駅でばったり知人と―・った」

  1. (遭う・遇う)好ましくないことに出あう。「事故に―・う」「強い反対に―・う」

  1. 立ち向かう。戦う。「決勝戦で―・うチームは強敵だ」

  1. ある時期にめぐりあう。

    1. 「天地 (あめつち) の栄ゆる時に―・へらく思へば」〈・九九六〉

  1. 夫婦になる。

    1. 「この世の人は男は女に―・ふことをす」〈竹取

  1. 対する。向かう。

    1. 「傍 (かたへ) (=カタワラノ人)に―・ひて、御子はおはすやと問ひしに」〈徒然・一四二〉

[可能]あえる

《「会う」と同語源》

[動ワ五(ハ四)]
  1. 二つ以上のものが近寄って、一つになる。くっつく。「いくつもの川が―・って大きな流れとなる」

  1. よく調和する。適合する。「配色がよく―・う」「和室に―・った装飾」

  1. 二つのものが一致する。くい違いがない。合致する。「息が―・う」「気が―・わない」「話が―・う」

  1. ある基準と一致する。「寸法が―・わない」「答えが―・う」「道理に―・う」

  1. それだけのことをするかいがある。引き合う。「―・わない商売」

  1. 動詞の連用形に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐互いに…する。「助け―・う」「取り―・う」

    2. ㋑一緒になる。「落ち―・う」

[動ハ下二]
  1. 他のものに合わせる。また、合わせまじえる。

    1. 「母刀自 (おもとじ) も玉にもがもや戴きてみづらの中に―・へ巻かまくも」〈・四三七七〉

  1. 重ね合わせる。まじえる。

    1. 「鶺鴒 (まなばしら) 尾行き―・へ」〈・下・歌謡〉

[動ハ下二]あえる」の文語形。

出典:青空文庫