《「襖」の字音「あう」の音変化》

  1. 両方の脇 (わき) をあけたままで、縫い合わせず、襴 (らん) のない古代の上着。位階相当の色によるものを位襖 (いあお) といい、武官の礼服や朝服に用いた。わきあけのころも。闕腋 (けってき) の袍 (ほう) 。

  1. 《「狩襖 (かりあお) 」の略》狩衣 (かりぎぬ) 。

  1. 袷 (あわせ) の衣。綿を入れたものもある。襖子 (あおし) 。

[名]
  1. 色の名。三原色の一つで、晴れた空のような色。藍 (あい) 系統の色から、黄みを加えた系統の色までを総称する。また、公家の染織衣服や襲 (かさね) の色目では、緑色を意味する。

  1. 馬の毛色で、青みがかったつやのある黒。また、その馬。

    1. 「―に乗って、峠を越すと」〈漱石草枕

  1. 青信号」の略。

  1. 青短 (あおたん) 」の略。

[接頭]名詞や形容詞に付いて、未熟な、若い、などの意を表す。「青二才」「青くさい」「青侍」