• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. よく熟成した酒かすを原料として作った色の濃い酢。主に鮨 (すし) に用いられる。

  1. 赤梅酢 (あかうめず) のこと。→梅酢

[連語]《動詞「あ(飽)く」の未然形+打消しの助動詞「ず」の連用形。副詞的に用いる》
  1. 飽きないで。いつまでも嫌にならないで。「恋人の写真を―(に)見つめていた」

  1. 満足せず。もの足りなく。

    1. 「心やいかがあらむと―思ひけれど」〈落窪・四〉