• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 一時、ほかへ目をそらすこと。よそ見。わき見。

    1. 「獅子 (しし) は前に猿の二の子を置きて―もせず守りゐたる」〈今昔・五・一四〉

  1. 一時、ほかの異性に心を移すこと。浮気。

    1. 「いみじき色好みを、かく―せさせ奉らぬこと」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 急に姿が見えなくなること。

    1. 「わが宝の君は、いづくに―せさせ給へるぞや」〈栄花・花山尋ぬる中納言〉