1. 人の住んでいない家。あきいえ。

  1. 俗に、女性が恋人や夫と別れて独り身であることをいう。

[補説]書名別項。→空屋

宮崎湖処子の小説。明治24年(1891)、「国民之友」誌に発表。