囲碁・将棋などで、その場面で打つべきでないまずい手。「悪手を打つ」

品質の劣る酒。味の悪い酒。

仏語。現世で悪事をした結果、死後におもむく苦悩の世界。地獄・餓鬼・畜生を三悪趣という。悪道 (あくどう) 。⇔善趣

[名](スル)
  1. 互いに手を握り合うこと。あいさつや、親愛の情、喜びの表現として行う。「初対面の握手を交わす」

  1. 仲直りをすること。また、協力すること。「新薬開発のため両社が握手する」

出典:青空文庫