唐音禅宗で、火葬のときに導師が遺体を焼く燃料に火をつけること。のちには偈 (げ) を唱えてしぐさをするだけになった。秉炬 (ひんこ) 。

《古くは「あご」》

[名]わが子。自分の子。
    1. 「―の、御宿世 (すくせ) にて覚えぬことのあるなり」〈・須磨〉

[代]
  1. 二人称の人代名詞。子供や乳母などを親しみを込めて呼ぶ語。おまえ。

    1. 「―はらうたけれど、つらきゆかりにこそ、え思ひはつまじけれ」〈・空蝉〉

  1. 一人称の人代名詞。中世から近世にかけての幼児語。

    1. 「児聞いて、―はそれなら食はう」〈咄・醒睡笑・六〉

[代]あそこ」に同じ。
  • 「わしゃ―ではえらうきれるがな」〈滑・膝栗毛・五〉
[補説]現代でも京阪地方などで用いる。

出典:青空文庫