[形][文]あざと・し[ク]
  1. やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。「―・い商法」

  1. 小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。「考え方が―・い」

    1. 「―・き方便 (てだて) に討たれさせ給ひしは」〈浄・矢口渡

[派生]あざとさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース