アジガモの群れ。

「山の端に―騒き行くなれど我はさぶしゑ君にしあらねば」〈・四八六〉