[名]
  1. 舌の味覚神経が飲食物に触れたときの感じ。甘味・酸味などや温度の総合した感じ。「―をつける」「スープの―が濃い」「あっさりした―」「他店より―が落ちる」

  1. そのもののもっている趣。含蓄。よさ。「―のある絵」「演技に―が出る」

  1. 物事を経験したあとでの感じ。「当選の―」「夜遊びの―」

  1. 相場の動きの状態。

  1. 囲碁・将棋で、のちに影響の出そうな指し手。「―が悪い手」

[形動][文][ナリ]一風変わって、おもしろいさま。また、気のきいているさま。しゃれているさま。おつ。「縁 (えん) は異 (い) なもの―なもの」「―な趣向」

梵語 (ぼんご) 字母の第一。密教ではこの字に特殊な意義を認め、宇宙万有を含むと説く。

明治維新前、琉球 (りゅうきゅう) の位階の一。古くからの系譜をもつ地域の支配者で、のちに国王の任命する位階名となった。あんじ。あんず。

トモエガモ、地方によっては、シマアジの別名。あじがも。

スズキ目アジ科の海水魚の総称。側線に沿ってぜんごとよぶ硬いうろこがある。マアジシマアジムロアジカイワリなどがあるが、普通はマアジをさすことが多い。 夏》

アジテーション」の略。「―演説」

出典:青空文庫