《室町時代までは「あた」》

  1. 仕返しをしようと思う相手。敵。かたき。「親の―を討つ」

  1. 恨みに思って仕返しをすること。また、その恨み。「恩を―で返す」

  1. 害をなすもの。危害。「親切のつもりが―となる」

  1. 攻めてくる敵兵。侵入してくる外敵。

    1. 「しらぬひ筑紫 (つくし) の国は―守る押への城 (き) そと」〈・四三三一〉

[形動][文][ナリ]
  1. 実を結ばずむなしいさま。無益なさま。むだ。「せっかくの好意が徒になる」

  1. 浮ついたさま。不誠実で浮気っぽいさま。

    1. 「―なる恋にはあらで、女夫 (めおと) の契を望みしなり」〈紅葉金色夜叉

  1. 一時的ではかないさま。かりそめ。

    1. 「なかなかに―なる花は散りぬともまつを頼まぬ人のあらめや」〈為頼集〉

  1. いいかげんなさま。粗略だ。

    1. 「まだしき時に方さまの御心づかひゆゑと、それはそれは―に存ぜぬに候」〈浮・文反古・五〉

[形動][文][ナリ]
  1. 女性の色っぽくなまめかしいさま。「婀娜な年増 (としま) 」

  1. 美しくたおやかなさま。

    1. 「花の色を―なる物といふべかりけり」〈古今・物名〉

[ト・タル][文][形動タリ]2に同じ。
    1. 「―たるその姿態は能 (よ) く鉄石の心をも蕩 (とろ) かすといわれていた」〈中島敦・悟浄出世〉

出典:青空文庫