• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]《「あけらかん」の音変化》
  1. 驚いたりあきれたりして、ぼんやりしているさま。「―と眺めていた」

  1. 何もなかったように平気でいるさま。何事もあまり気にせず、けろっとしているさま。「注意されても―としている」