《「」と同語源》

  1. 人の背中の向いている方向。後ろ。後方。「子犬が後からついてくる」「郷里の町を後にする」

  1. ある時点からのち。

    1. ㋐以後。「転んでから後のことは覚えていない」「後で悔やむ」「二年後には完成する」「問題の解決を後へ回す」⇔

    2. ㋑終了後。「番組の後で視聴者プレゼントがあります」

    3. ㋒死後。「後に残された子供」「後を弔う」

  1. ある時点より前。以前。

    1. 「四五日―、おれが処へ来て何といった」〈魯文西洋道中膝栗毛

  1. 連続するものの中で、次にくるもの。

    1. ㋐ある基準で並べた順番の、終わりの方。「名簿の後の方」⇔

    2. ㋑次の代わりのもの。「お後は何にしますか」「電車が後から後からやってくる」

    3. ㋒後継者。後任。「宣伝部長の後を決める」

    4. ㋓子孫。後胤 (こういん) 。「後が絶える」

    5. ㋔後妻。「後をもらう」

  1. 物事が終わってから残ったもの。

    1. ㋐残った部分。残された余地。「後の始末をつける」「後は次の機会に譲る」「追いつめられて後がない」

    2. ㋑なごり。あとあとまで心に残るもの。特に、思い出。遺徳。「後を引く」「祖父の後をしのぶ」

  1. (副詞的に用いて)まだ余地のある状態を表す。今からさらに。「後一年任期が残る」「後三分で終了します」

  1. (接続詞的に用いて)それから。「後、気付いたことはありませんか」

[補説]2㋒の「後を弔う」では「跡」とも書く。

《「足 (あ) 所 (と) 」の意》

  1. 何かが通っていったしるし。「靴の―」「船の通った―」「頰 (ほお) を伝う涙の―」「犯人の―を追う」

  1. (傷には多く「痕」と書く)以前に何かが行われたしるし。痕跡。形跡。「消しゴムで消した―」「手術の―」「苦心の―が見受けられる」「水茎 (みずくき) の―」

  1. (建築物には多く「址」と書く)以前に何かが存在したしるし。「太古の海の―」「寺院の―」

  1. 家の跡目。家督。「父の―を継ぐ」

  1. 先人の手本。先例。「古人の―にならう」

  1. 足のあたり。足もと。

    1. 「太神宮の御方を、御―にせさせ給ふこと、いかが」〈徒然・一三三〉

《「アット」とも》国際単位系(SI)で、単位の上に付けて100京 (けい) 分の1(10-18)を表す語。記号a

(ドイツ)Atmosphärendruck》圧力の単位。1アトは98066.5パスカル

出典:青空文庫