• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神代文字の一。1、2、3などの数字と、直線と点の組み合わせによって単音を表す47の表音文字とからなるもの。今日ではその存在が否定されている。→神代文字

近世の子供の遊び。地面に小さな穴をあけ、約1メートル離れた線の外から銭 (ぜに) などを投げ入れて勝負を競う。穴打ち。銭打ち。 新年》「―の筋引すてつ梅が下/太祇