• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神林長平の長編SF小説。昭和58年(1983)刊。「帝王の殻」「膚 (はだえ) の下」とともに火星三部作とよばれる。核戦争後、火星の地下空間に追いやられた人類とアンドロイドの抗争を描く。