• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

芥川竜之介の短編小説。大正12年(1923)12月、雑誌「中央公論」に発表。著者自身がモデルとされる保吉ものの作品のひとつ。たばこ屋の若い女店員が母となった姿に対し、主人公が抱く感慨を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉