《動詞「あ(生)る」の連用形からか》賀茂の祭のときの幣帛 (へいはく) 。榊 (さかき) に種々の綾絹 (あやぎぬ) や鈴などをつけたもの。

  1. あれること。荒廃。「壁の荒れが目だつ」

  1. 風雨が激しく、天候が穏やかでないこと。また、物事が激しく変動すること。「荒れ模様」

  1. 皮膚があらくなること。「手の荒れ」

[代]一人称の人代名詞。われ。わたし。
  • 「さ寝むとは―は思へど」〈・中・歌謡〉
[補説]上代語。中古には、「あれにもあらねば返しすべくも思はねど」〈・玉鬘〉のような慣用表現に残るだけで、「われ」が多く用いられた。

[代]

  1. 遠称の指示代名詞

    1. ㋐第三者が持っている物、または、話し手・聞き手の双方に見えている物をさす。あのもの。「彼は何だ」「彼が欲しい」

    2. ㋑双方に見えている場所をさす。あそこ。

      「―に見えるは茶摘みじゃないか」〈文部省唱歌・茶摘〉

    3. ㋒双方が知っている過去の事柄をさす。例のこと。「彼は忘れられない出来事だ」「彼以来からだのぐあいが悪くってねえ」

  1. 三人称の人代名詞。双方に見えている人、分かっている人をさす。あの人。「彼が君の妹か」

  1. 二人称の人代名詞。あなた。

    1. 「―は何する僧ぞと尋ねらるるに」〈宇治拾遺・一〉

[感]感動したり驚いたり、また不審に思ったりしたときに発する語。あら。おや。「あれ、変だなあ」

出典:gooニュース

出典:青空文庫