• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昆虫カマドウマの別名。

イイギリ科の落葉高木。暖地の山中に自生。葉は卵円形で大きく、裏面が白みを帯びる。雌雄異株で、5月ごろ、緑がかった黄色い花をつける。秋、赤い実が総状に垂れ下がる。昔、葉で飯を包んだという。なんてんぎり。 実=秋》