1. その時からのち。以後。以降。「平安遷都―の文化」

  1. (已往)それより前。以前。往時。

    1. 「およばぬ高き姿を願ひて寛平―の歌にならはば」〈近代秀歌

[補説]本来、「以往」はある時からのち、「已往」はある時から前の意であるが、混用されている。
  1. 《医師が病人を救うように、仏法を説いて人の悩みをいやすところから》菩薩 (ぼさつ) のこと。

  1. 薬師如来の異称。

仏語。阿弥陀仏の救いの働きによって、極楽浄土にたやすく往生できること。

酸素元素の一。単体は無臭の黄色結晶。温泉や火山帯に産する。水には溶けない。斜方硫黄・単斜硫黄などの同素体がある。空気中で熱すると青い炎をあげて燃え、悪臭のある二酸化硫黄亜硫酸ガス)を生じる。火薬・マッチ・医薬品の原料、ゴム製造などに使用。元素記号S 原子番号16。原子量32.07。

[補説]古くは「ゆわう」と発音し、「ゆあわ(湯泡)」の音変化したものか。