《「いかに」の音変化》

[名]事の次第。なりゆき。ようす。「理由の―によっては」「事の成否は君の協力―による」
[副]文末に用いて、状態などについての疑問を表す。どんなであろうか。「君の心境や―」
  1. 衣服と冠 (かんむり) 。

  1. 衣冠をつけた人。天子・皇帝に仕えている人。

  1. 束帯よりも略式の装束。束帯から下襲 (したがさね) 石帯 (せきたい) をはずし、表袴 (うえのはかま) 指貫 (さしぬき) にかえる。平安時代は宿直装束 (とのいそうぞく) として用いたが、後世は参朝などのときにも着用した。

位階と官職・官等。官位。

上代、色で位階を示した冠 (かんむり) 。

医務に従事する官吏。

軍人の階級で、大尉中尉少尉の総称。佐官の下、下士官の上。また、自衛隊の一尉・二尉・三尉の総称。

珍しい眺め。かわったみもの。

「山麓の村家火災 (かじ) の点に至ては実に是れ―なり」〈竜渓・浮城物語〉

[名](スル)管理・管轄を他に移すこと。「国から県へ移管する」
[名](スル)受刑者被告人など、刑事施設に収容されている者を他の施設に移すこと。刑事訴訟規則の改正で「移送」に改められた。「収容者を移監する」

りっぱな眺め。すばらしい光景。壮観。「超高層ビル群の偉観」

[名・形動]期待したようにならず、心残りであること。残念に思うこと。また、そのさま。「遺憾の意を表する」「万遺憾なきを期する」
[連語]《動詞「い(行)く」の未然形に打消しの助動詞「ぬ」の付いた「いかぬ」の音変化》
  1. ある動作が不可能であることを表す。できない。いかない。いかぬ。「無理に行くなと言うわけにも―◦ん」

  1. 禁止・非難の意を表す。だめだ。いかぬ。いけない。「そんなことをしては―◦ん」

  1. 望みがないの意を表す。いけない。「もう―◦ん、おしまいだ」

出典:青空文庫